顎関節症

ひだまり接骨院の顎関節症の治療

いままでたくさんの症状を診てきましたが、

開口時のクリック音に関しては、関節板の変性があるため治まるとは言い切れません。

しかし、開口制限や疼痛は即効性があります。

 

まず噛む筋肉の左右差を診ます。

口を開けるうごきに左右差はないか?

頬の筋肉の緊張はどうか?

頭部と頚部の位置の異常

頭蓋骨の可動性は保たれているか?

骨盤・脊柱の歪み

 

これらを総合的に判断して施術する訳ですが、あわせて自宅でできるケアについてもお話しさせていただきます。

治療効果を長持ちさせる、または再発を予防するにはこれが一番重要です。

簡単にできる体操なので、歯磨きのついでに鏡の前でやっていただきます。

 

接骨院で顎関節も治療できることを知らない方も多いようです。

 

こんな症状は治療できるの?

いつでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

2016年09月14日