他の治療院とはここが違います

当院の治療法オステオパシー医学について

施設写真

【オステオパシー】ってなに?

オステオパシーとは、人間の自然治癒力を最大限に活かした医学です。
病気とは疾患部だけでおこっているわけではありません。
身体全体の様々な個所の少しずつの歪(歪み)や制限が繋がって大きくなり、ひょっこり顔をだしたところが疾患部です。
疾患部だけ調べても解決できない病気のほうがはるかに多いのです。
オステオパシーの施術は、まず身体全体の歪や制限を調べ、その繋がりを解きほぐすことで、
人間自らが持つ自然治癒力を大きく回復します。
病気はあなた自身が治します。
オステオパスは、その経験と技術と知識のもとに快癒へのナビゲーターの役目を果たします。


オステオパシーの哲学

身体は一つのユニットである

身体の各部分はそれぞれに自分の問題と仕事をもっているにもかかわらず、各部分は他の部分の利益となる作業をする。

オステオパスはそれぞれの患者の体が、その精神的、霊的な心の作用と相互に影響しあって全体としての生体の最適な効率と目的のために各部分の円滑な機能発揮をすることを望んでいる。

身体は自己調節機能をもつ

人体は自己を防衛し、修復し調整し恒常性を維持していく機能機序をもつ機序のなかには能動的免疫機能により異物を無毒化し、また常に関節や体性組織と内臓器官の機能障害を修理している。

熟練したオステオパスは全く無症状で健康と思われる人でも筋骨格系機能障害の徴候を見つけることができる。

機能と構造は相互に関連する

この概念で用いる“相互的”という言葉は構造が機能に影響し得るし機能も構造に影響し得ることを意味する。

合理的治療はオステオパシー哲学の他の3原則に基づく

機能と構造を改善する既存の診断と治療の方法に習熟すれば、オステオパスはさらに効率的に機能障害の部位を判断し構造を改善できるし患者も機能改善を実現できる。

手技が関節の体性機能障害に好影響を与えることはよく知られているが、オステオパシー手技療法が人体の自己調節と自己防衛の機序を改善することも事実である。

機能と構造は相互に関係しているのでオステオパシー手技は人が健康な時も病気の時も恩恵を与えることができるのです。

オステオパシーセミナー参加歴
平成28年5月 バイオダイナミクス フェーズ1
平成29年3月 森田D.Oより OMT修了書取得
平成29年5月 自律神経失調症正常化のためのオステオパシー
平成29年6月 バイオダイナミクス フェーズ2
平成29年8月 クレニオ・セイクラルセラピー 初級
平成29年8月 フィシオエナジェティック基礎クラス
平成29年9月 フィシオエナジェティック生体化学物質1・2

平成29年12月 クレニオ・セイクラルセラピー 中級



当院の鍼治療について

機器写真

東洋医学とは

西洋医学は画像検査や血液検査が診断の基準になっています。
数値で標準を決めて、過不足があれば、それに対して薬を処方することしかできません。

腰痛や肩こりにおいては、6割が原因不明と言われています。
姿勢の歪みやストレスも原因となりますが、痛み止めや湿布では解決しないことが多いのです。

対する東洋医学は、本人の抱える問題を身体からの情報(脈診や腹診、顔色、姿勢など)を加味して診断していくのが特徴です。

とくに鍼灸は気の過不足を調整することで、病の根本からアプローチしていく医学になります

 

脈から身体全体を診る経絡治療

当院の鍼治療は、体の歪みに合わせて、手と足のツボを使用して治療します。

「経絡治療」・・・脈の状態から判断し、気の流れを整える
「経筋治療」・・・体の表面の筋肉を触診し緊張・弛緩にあわせた治療

この2つを主訴に合わせて、組み合わせながら施術します。
どちらも切皮(表面に浅く刺す)程度なので痛みを感じることはないので、安心してください。